3分間のスピーチと60分間のスピーチと、どちらが難しいと思いますか? - 緊張しない方法 65089人が成功したあがり症克服法

5月1日より、値上げになります!
○【実践編】「金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)【3大特典付き】」
○【基礎編】【NHKに出演!金井式あがり症教材】65089人が成功した プロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)
○ 今だけ豪華3大特典付き!
【特典1】金井英之製作・監修によるセミナーオリジナルテキスト(冊子版)
【特典2】実践セミナーDVDの音声(3時間30分)(mp3形式データをダウンロード)
【特典3】5000円キャッシュバックキャンペーン(期間限定)
○作者である金井先生がNHK Eテレ「Rの法則」に出演されました。 収録画像はこちら

3分間のスピーチと60分間のスピーチと、どちらが難しいと思いますか?

「3分間のスピーチと60分間のスピーチと、どちらが難しいと思いますか?」
と質問すると、たいていの方は「60分間」と答えます。

長ければ長いほうが難しいと思われる方が多いのですが、あなたはどう思われますか?

実は、スピーチは短ければ短いほど、難しいのです。

長いスピーチなら、時間内に言葉を変えて何度も説明することができますが、
3分間という短い時間だと、練りに練った内容で話す必要があります。

自己紹介や朝礼でのスピーチは、ほとんどが3分以内の短いものです。
3分間程度のスピーチは日常生活で最もよく使われるのに、
十分に練習していない人が大多数です。

長いスピーチも、基本は「3分間スピーチ」の積み重ねです。
まずは「3分間スピーチ」を練習することで、みるみるスピーチがうまくなります。
「3分間スピーチ」を十分に練習して、人前で堂々と話すスキルを身につけましょう。

そして、このスキルを学び実践したあなたは、周囲から認められ、
その後の人生を大きく変えることができるでしょう。

あがらずにスピーチをする具体的な方法はこちらから
プロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。